2015年7月21日 (火)

早期栽培

増井千晶碧井椿

早期栽培(そうきさいばい)とは、普通期栽培よりも早い時期に収穫する作型である。

早期栽培の代表的な作物は、イネやムギなどの穀類である。水稲の早期栽培技術は、昭和37年版科学技術白書によると、昭和28年頃に既に完成したことが報告されている。その後西日本を中心に普及し、今日の水稲うるち米の全生産量に占める早期栽培の割合は2〜3割に達しているとされる。

西日本で水稲早期栽培を行う主な目的は、台風による被害を受ける前に収穫を済ませることにある。普通栽培ではイネの出穂期から登熟期が台風の来襲する時期と重なるので、強風や長雨により倒伏したり日照不足となって充分な登熟が行われず、収穫量が減少するという心配がつきまとう。早期栽培ではおおむね8月中に収穫が完了するため、台風による被害を受けにくく、安定した収穫を期待することができる。

また、普通期栽培よりも早く収穫できるということは、収穫後の田んぼで秋ソバなど、従来は栽培時期が重なるため無理とされた他の作物の栽培が可能となることを意味する。同じ土地からより多くの農産物を生産するという、土地の有効活用(高度利用)を図ることに役立つ。

増井千晶碧井椿

2015年6月26日 (金)

原木栽培

増井千晶碧井椿
原木栽培(げんぼくさいばい)とは天然の木を用い木材腐朽菌のきのこを栽培する方法で、伐採し枯れた丸太に直接種菌を植え付ける方法である。丸太(原木)をそのまま使うことから原木栽培と言われている。本稿では子実体を食用または薬用とするために日本国内で商業生産されるキノコに関し記述する

最も野生に近い栽培方法。切り株に直接菌を付ける方法から、一定の長さに切断した「榾木(ほだ木)」を用いる方法などがある。一般に原木栽培と言えば、普通原木栽培を指すことが多い。基本的に、野生のキノコが生えるのと同じ環境が必要なため、ほとんどが山林で(近年は一部、廃トンネルど)自然のサイクルに合わせ育成(栽培)される。従って、収穫時期は各々のキノコ固有の時期になる。故に気象条件だけでなく害虫や有害菌などの外部環境の影響を受けやすく、収量と品質は安定しにくいが、天然条件と変わらない方法で栽培されるため、食味は天然と同じといえる。販売される際は『原木栽培』の表示がされる。

原料木の加工状態で原木栽培は幾つかに分類される。

    切り倒した切り株を使う「伐根栽培」
    切り倒した幹の枝を切り払い使う「長木栽培」
    100cm程度に切断した木を使う「普通原木栽培」
    15~20cm程度に切断した木を使う「短木栽培」と、短木を加熱殺菌した「殺菌原木栽培」

法がある。

一般的に、生の木は木材腐朽菌の成長を阻害する物質を含むため適さないとされている。原木の伐採後は数ヶ月間乾燥させ、種菌を接種し天然と同じ様な環境に置き、翌年秋の発生を待つ。
増井千晶碧井椿

2015年6月25日 (木)

促成栽培

増井千晶碧井椿
促成栽培とは、露地での栽培(露地栽培)よりも生長・収穫・出荷を早くする栽培法。対義語は抑制栽培。

促成栽培を行うには、ビニールハウスや温室などを利用して保温あるいは加温する。出荷時期を早めることで、商品価値を高めることにつながる。例えば夏野菜をハウス栽培等により、春に収穫するなど。

成育期間中、石油ヒーターによる温風暖房などを利用して加温する場合には、余分な経費がかかることになるので生産コストが跳ね返るが、市場取引での出荷価格が高水準で維持される限り、露地栽培よりも多くの収益を上げることが可能である。 また、温度や光線などの調節で、野菜・花卉の発育を促し、普通栽培よりも早く収穫する栽培法。農作物などを人工的に早く生長させる栽培。
増井千晶碧井椿

2015年6月24日 (水)

栽培とは何か?

増井千晶碧井椿
栽培とは一般に、野菜や樹木などの植物を育てることである。

植物を自然の土地や畑、つまり大空のもと、屋根やハウス無しで育てることは「露地栽培」と言い、植物を地面の上に作ったビニールハウス(いわゆる「ハウス」、木、竹、鉄材などで骨組みをつくり、これに塩化ビニルやポリエチレンなどのフィルムをかぶせた簡易式の建物のようなもの)の中で栽培することは「ハウス栽培」と言う。また土を使わないで、植物の根を水に浸す方法で栽培することは「水耕栽培」と言う。

一方、人間が栽培していないのに自力で増えたり成長している植物を野生植物と言うが、そうした野生植物に人間が手を加えること、野生と栽培の中間的な状態で育てることを「半栽培」と言う。
増井千晶碧井椿

無料ブログはココログ

ブログリンク